¥5,000円で送料無料です

Athletesアスリート

長谷部 匠 / TAKUMI HASEBE: RUNNING
長谷部 匠 / TAKUMI HASEBE: RUNNING
SAYSKYアスリート長谷部匠選手は、東京2020パラリンピックで和田選手をガイドし、1500m(4分05秒27)で銀メダル、5000m(15分21秒03)で銅メダルを獲得しました。 長谷部選手は2年以上前からガイドランニングに携わっています。目の不自由なランナーをナビゲートし、安全に走り、競技者との距離やゴールまでの距離を具体的な数値で示すなど、ガイドランナーを務めています。 ガイドランナーとはどういうものか。長谷部選手の体験談が気になる方は、ぜひ下記のインタビュー記事をお読みください。 INSTAGRAM: ************ 1)ガイドランナーという存在について詳しく説明いただけますか? 選手の目となり、安全第一に走らせること。選手にとって無くてはならない存在です。 2)どのようにしてガイドランナー(ガイドランニング)の役割についたのですか?また、どのくらいの期間ガイドをしているのですか? 和田選手を伴走していたことがある知り合いのランナーさんから紹介頂いた事がきっかけです。ガイドランナーに携わって2年半になります。 3)ガイドするにあたり、普段走る時とガイドをする時で違う事など、自身が使っているテクニックについて教えてください。 選手は走っている状況、タイムなどが分からないので、それを具体的に言葉で伝えることが一人で走っているときとは全く違うところです。テクニックとしては、相手までの距離やゴールまでの距離を具体的に数値で伝えるところです。 4)従来のトレーニングはどのようなもので、東京2020パラリンピック競技大会の前にはどのようなトレーニングをしていましたか? 従来のトレーニングは平日は仕事の後1~2時間個人練習をしていました。週末に和田選手と2~3時間ほど一緒に練習を行い、大会前は、和田選手と週4~5回ほど2~3時間のトレーニング(スピードトレーニング中心)を継続していました。また合宿なども取り入れ、より一緒に居れる時間が多かったのもプラスでした。 5)東京2020パラリンピック競技大会での全体的な経験はいかがでしたか? 人生において非常に良い経験ができたと思います。色んな障害を持った方々を目にしましたが、みんなとても明るく元気で、こちらが勇気をもらうくらいでした。これから経験するであろうたくさんの物事に活きていくと思います。 6)ガイドランナーとしてチャレンジングな点は何ですか? やりがいとしては、ゴール後の喜び、達成感などが2倍以上になることです。一人で走り切った時より二人で協力している分、圧倒的に感情が爆発します。 7)ブラインドランナーが晴眼者のランナーよりも優れている点は何ですか? 目で見て確認ができない分、記憶力がかなり優れていると思います。 8)ブラインドランナーとの信頼関係を築く上で重要な点は何ですか? 思いやりだと思います。ガイドランナーはあくまでもサポート。選手が主役ですので選手に対してのリスペクトなど重要だと思っています。
山岸 大志 / TAISHI YAMAGISHI:SKYRUNNING
山岸 大志 / TAISHI YAMAGISHI:SKYRUNNING
若干14歳ながらもスカイランナーとして大活躍中の山岸大志選手。 彼が夢中になっている「スカイランニング」とは? スカイランニングの魅力や山岸選手の今後の活躍が気になる方は、ぜひ下記のインタビュー記事をお読みください! ********************* 1)スカイランナーという存在について詳しく説明いただけますか? スカイランナーとは急峻な山岳や超高層ビルを駆け上がる選手の事です。 2)なぜスカイランナーになろうと思ったのですか?また、どのくらいの期間スカイランナーをしているのですか? 山を走り始めたのは10歳の時でスカイランニングを始めたのは12歳です。スカイランナーになった理由は、知り合いにレースに誘われたのがきっかけで出場したレースが楽しくてスカイランナーを目指そうと思いました。 3)普段走る時とスカイランニングが違う事など、自身が使っているスカイランニングをする時の特別なテクニックについて教えてください。 スカイランニングと陸上の違いは、陸上は平らな場所を走りますがスカイランニングは標高が高い場所で急斜面を走ります。 スカイランニングのレースに出場するときはコースの斜面などに合わせてポールを使い分けたりしています。 4)大会の前にはどのようなトレーニングをしていますか? レース前に必ずやっているのは、いつもより標高の高い場所に行ってトレーニングをする事です。ゴールの標高は2000m以上です。 5)スカイランナーとしてチャレンジング(やりがい)な点は何ですか? スカイランニングのやりがいは、レース中の一瞬の景色やゴール後の達成感。そして山頂の風が好きでいつもやりがいを感じます。 6)今後はどこを目指しているのでしょうか? 今後はスカイランニングを色んな人に触れてもらい競技人口を増やしたいです。そして、出場するレースでは入賞していきたいです! ********************* 山岸大志(Zushi Skyrunners 代表) Instagram: https://www.instagram.com/taishiyamagishi/ 2022年、山岳部門ユース日本代表として世界チャンピオンらと共に各イベント出演、各地レースへの招待を受けている。 本年より新たに「雪上部門」のレースも参加を予定している。2022年7月末、アンドラ公国にて開催の世界大会に出場決定。 JSA日本スカイランニング協会 https://skyrunning.jp/ 2018年に代表を務める「Zushi Skyrunners」を地元の小中学生と共に立ち上げる。小中学生が主体で立ち上げたチームは業界からも注目を浴び、他県からの合同練習の申込みや視察の依頼、スポーツブランドをはじめメディアからの取材も多く受けている。現在、エイド・キッチンがスポンサーについている ★山岸大志 https://www.instagram.com/taishiyamagishi/ ★Zushi Skyrunners https://instagram.com/zushi.skyrunners?utm_medium=copy_link 経歴: 2022/7/22-24 Youth Skyrunning world championships (Andorra ) VT(U17)9位 Sky(U17)15位 / 日本総合5位 2022/7/2 美ヶ原トレイルラン(長野県) 15キロ 中学生の部 優勝 2022/5/3 上田バーティカル(長野県)ヴァーティカル ユース4位(U17) 2022/4/9,10 嬬恋スカイスノー(群馬県) ヴァーティカル ユース2位/ スカイ ユース2位 2022/3/26,27 白山スカイスノー(石川県)ヴァーティカル ユース1位/スカイ ユース1位 2021/10/10 尾瀬岩鞍ヴァーティカルトレイル (群馬県) U15 1位 U23 11位 ユース日本代表に選出されナショナル強化選手となる 2022/7/23 アンドラ公国にて開催の世界大会出場決定! 2021/8/8 嬬恋スカイラン(群馬)中学生の部 総合4位 2021/2/27 逗子市教育委員会よりトレイルランニングの活躍で表彰状授与 2020/12/27 東京バーティカル(東京)総合22位(ジュニア部門無し) 2020/10/10 尾瀬岩鞍バーティカルキロメターユースの部(群馬県)2位 2020 100 MILES TO AUBURNに参加 完走 (USA バーチャルトレイル160キロ) 2020/02/29 逗子市教育委員会よりレイルランニングの活躍で表彰状授与 2020/02/11 逗子福辛児童決定戦(逗子市)3位 2020/04 Zushi Skyrunnrers 立ち上げ 2019/12/15 田浦梅の里トレイル(横須賀市)2位 2019/6/29 長野県美ヶ原トレイル(長野県)3位 2019/4/14 神武寺トレイル(逗子)1位 2018/4/14 神武寺トレイル(逗子)3位
西岡 賢一 / KENICHI NISHIOKA: RUNNING TRAINER
西岡 賢一 / KENICHI NISHIOKA: RUNNING TRAINER
西岡 賢一 / KENICHI NISHIOKA RUNNING TRAINER 日体大駅伝部出身でご自身もハイレベルなランナーである西岡さんは、現在ランニングトレーナーという立場で多くの市民ランナー達を指導しています。 ランニングコーチとはまた異なるアプローチをするランニングトレーナー。 その違いにも着目してみてください! ********************* 1)ランニングトレーナーという存在について詳しく説明いただけますか? 僕が勝手に作った肩書きなのですが、「ランニングコーチ」とはまた違った立ち位置にいると思っています。 6年半パーソナルトレーニングのジムでトレーナーとして働いた経験の元、機能解剖学や運動生理学、運動力学の観点から運動処方を行います。その人のランニングフォームを良くしたりパフォーマンスを向上させる為に必要な筋トレや、普段から意識してほしい所作、ランニング時に気にして欲しいポイント等をお伝えしています。 逆に、練習パートナーのお仕事などは受け付けていません。あくまで「フォーム改善のプロ」として仕事をしています。 2)なぜランニングトレーナーになろうと思ったのですか?また、どのくらいの期間トレーナーをしているのですか? 活動期間は8年目に入りました。2021年8月に前述のジムから独立し、今の仕事を始めました。 私自身がイチ市民ランナーとして走っていると、痛みを我慢しながら走っている人と沢山会いました。 市民ランナーの皆さんにとって、ランニングはあくまでも趣味だも思います。趣味なのに、苦しいことが多いっておかしいですよね。 そんな方々に、「楽しく楽に、痛みなく走る方法」を知って欲しくて、思い切って独立しました! 3)自身が使っているランニングをする時の特別なテクニックについて教えてください。 世界で1番フォームの綺麗なキプチョゲ選手の動画を何度も何度も観ているので、いつでも完璧に360°からイメージ出来るようになりました。 走ってる時に「バーチャルキプチョゲ」を目の前に走らせて、その姿を真似するというテクニックを身につけました(笑) ********************* 西岡 賢一(FLAT RUNNING CLUB) HP: https://www.flat-running.com/ INSTAGRAM: https://www.instagram.com/nishiokarunning/ 日体大駅伝部出身。 兵庫県の淡路島で生まれ、常に自然の中を駆け巡る少年期を過ごす。 ランナーのクライアントを中心に小学生から大人まで、年間約2000本のセッションを行うランニングトレーナー。 FLAT Running Method を考案し、「楽しく楽に、痛みなく」走る方法を発信している。 【主な実績:トレイルランニング】 ・2022 白馬トレイルランSpring2022 - 30kmの部 準優勝 ・2021 Izu Trail Journey - 70km +D3242m 総合24位 ・2018 神流マウンテンラン&ウォーク - 40km +D2976m 総合4位,年代別1位 ・2018 忍野高原トレイルレース - 21.6km +D780m 総合4位,年代別2位 【PB】 トライアスロン(Olympic Distance ):2時間28分34秒 フルマラソン:2時間45分36秒 ハーフマラソン:1時間5分56秒
籔 聡 / SATORU YABU:OUTDOOR COACH
籔 聡 / SATORU YABU:OUTDOOR COACH
藪 聡 / SATORU YABU アウトドアコーチ&インストラクター 京都北山にてOutdoor Fitnessに携わり、自然環境をフィールドにしたアクティビティの企画や運営、トレインランニングやランニング、コンディショニングを中心とした指導も行う。地域の自然環境との共生を目指し、トレイルを通じライフスタイルに寄り添うコミュニティを拡げる活動も行う。 現在、Nadi kitayama勤務。 【主な戦績】 ・100mile event『WTK100』をRace director ・フルマラソン自己ベスト 2時間56分 ・WTK100(165km)23時間54分 ・SAYSKY SUB ROSA RACE KYOTO 2019優勝 SNS
Satoru Yabu Instagram :https://www.instagram.com/sat.o.ru77 Nadi kitayama HP:https://nadi-kitayama.com/
塙 翔太 / SHOTA HANAWA: TRAIL RUNNING COACH
塙 翔太 / SHOTA HANAWA: TRAIL RUNNING COACH
塙 翔太 / Hanawa Shota:トレイルランナー Instagram:https://www.instagram.com/honey_trail_run/
竹谷 賢二 / KENJI TAKEYA:TRIATHLON
竹谷 賢二 / KENJI TAKEYA:TRIATHLON
竹谷 賢二 / TAKEYA KENJI Instagram:https://www.instagram.com/tktakeyakenji/ Blog:https://ameblo.jp/takeyakenji/
MIHO C:TRIATLON COACH
MIHO C:TRIATLON COACH
中村 美穂 / NAKAMURA MIHO https://boost-inc.jp/nakamuramiho/
沖 和彦 / KAZUHIKO OKI: RUNNING COACH
沖 和彦 / KAZUHIKO OKI: RUNNING COACH
▼沖和彦(沖ランニングクラブ代表:http://oki-kazuhiko.com/) フルマラソンベスト記録 2時間27分06秒 プロランニングコーチであり、自身もフルマラソンで2時間30分以内のタイムを持つマラソンランナー。 Instagram:https://www.instagram.com/oki_kazuhikof/ 【主な戦績】 ・比叡山International tarail run 2022 優勝 ・Wings For Life World Run 2015日本大会優勝 ・富山清流マラソン2015 優勝 ・プノンペン国際マラソン2015 優勝 ・福知山マラソン2年連続入賞2015-2016 ・加古川マラソン2016優勝 ・湘南国際マラソン2017 3位 ・沖縄マラソン2018 4位 ・津山加茂郷マラソン2018 3位 ・江別野幌マラソン 優勝 ・網走マラソン 2018 3位 ・フルマラソンベスト記録 2時間27分06秒